コエンザイムQ10を効率よく利用しよう

メインイメージofコエンザイムQ10

コエンザイムQ10配合の美容液

コエンザイムQ10配合の美容液

コエンザイムQ10は美容に効果があるとして注目されている成分です。
この物質の存在が初めて認められたのは1950年代の事です。
イギリスにあるリバプール大学のモートン博士を中心としたグループがビタミンA欠乏症のラットの肝臓から発見したのです。
モートン博士はラテン語で「普遍的に存在する」という意味を持つ「Ubuiquitous」からその物質をユビキノンと名付けました。
そして数年が経った後、アメリカにあるウィスコンシン大学のクレーン博士を中心としたグループが牛の心筋ミトコンドリア内から同様の物質を発見し、これをコエンザイムQ10と名付けました。
人間のエネルギーを作り出すATP(アデノシン三リン酸)はこの物質がないと産生されない事から「補酵素」を意味する「coenzyme」と「キノン」を意味する「quinone」の造語として命名しました。
「10」は分子構造に含まれるイソプレン単位の数を表しています。
その後、アメリカのフォーカス博士を中心としたグループが、この両者の発見した物質が同一のものである事を、化学構造によって証明しました。
イギリスのミッチェル博士はこの物質がATPの産生に関わる仕組みを解明したとしてノーベル化学賞を受賞しています。


人間の体は数多くの細胞から構成されており、細胞は酸素を取り入れながら活動をしています。
しかし取り入れられたこの酸素が体内で活性酸素と呼ばれる物質に変化します。
そしてこの活性酸素は体内の血管や臓器にダメージを与える作用を持っているのです。
この活性酸素によって受けるダメージが老化へと繋がっています。
老化現象として一番目に付くのは外見上の衰えです。
具体的には顔にシミやシワが増えてきたり、肌のハリやツヤがなくなってきたりするという事になります。
そもそもこの成分は人体から生成できるものなのですが、年齢を重ねるにつれて生成能力が衰えてきます。
それを補うためには何らかの方法で摂取しなければなりません。
繊維芽細胞を活性化させる事によってコラーゲンの生成量を増やします。
このコラーゲンこそが肌のハリやツヤを保つために必要な成分なのです。
しかしコラーゲンもまた活性酸素のダメージを受けて失われてしまいます。
そこでコエンザイムQ10を効果的に取り入れる事が大切になってくるのです。
コエンザイムQ10を含む美容液を使う事によって肌の新陳代謝を活性化させ、肌のシワやシミを改善する事が可能になります。
そのアンチエイジング効果は抜群です。
またコエンザイムQ10とビタミンの関係も見過ごすことはできません。
その関係性についても知っておきましょう。